専業主婦でもキャシングをする方法とは?

MENU

キャッシングを当日借りたい方へ!

プロミスなら最短30分で審査完了!
即日融資で24時間申込可能!

プロミスはこちらから

専業主婦でもキャシングをする方法とは?

収入のない専業主婦は基本的にカードローンのキャッシングサービスの利用は難しいと考えられています。

 

その大きな理由の1つが、総量規制という制度です。この総量規制というのは、返済能力を超えて借入を行うことがないようにという理由で、年収の3分の1を超える借入はできないという制度です。

 

この制度が適用されると、収入がない専業主婦はローンの利用ができないことになります。

 

原則としてこれは消費者金融にあてはまる制度ですので、
専業主婦の消費者金融の利用が難しいことが多くなります。

 

一方で、消費者金融の中でも、配偶者貸し付けという方法を利用して
キャッシングサービスを専業主婦にも実施しているところもあります。

 

これは、専業主婦で収入がなくても配偶者に収入があれば、
その配偶者の年収を基にして貸し付けを行うという制度です。

 

この制度を利用するには、配偶者の年収を証明する必要がありますので、
大抵の場合、申し込みの際に配偶者の給与明細や源泉徴収票、
課税証明書といった収入証明用の書類を提出することになります。

 

また、カードローン会社によっては、配偶者が勤める会社に電話確認することもあります。
こうしたことから、配偶者貸し付けを利用する際には、事前にしっかりと夫婦で話し合うことが必要になります。

 

配偶者貸し付けを利用するとしても、総量規制の制度から外れるわけではありません。
つまり、配偶者の年収の3分の1以上はキャッシングによる借入はできません。

 

また、すでに配偶者がローンを利用していて、年収の3分の1を超える借入をしているのであれば、
さらに借りることはできませんので注意が必要です。

 

こうした総量規制の対象となるのは、消費者金融のキャッシングのみで、
銀行系のカードローンには適用されません。

 

そのため、銀行が提供しているキャッシングサービスでは、収入の有無にかかわらず、
専業主婦でも申し込みが可能となっているケースが多く見られます。

 

ほとんどの場合、専業主婦は10万円から50万円程度に利用限度額が設定されますが、
その範囲内なら自由に何回でも利用できますので、申し込みをする価値があるでしょう。

 

銀行系のキャッシングは、消費者金融のサービスよりも条件が厳しく設定されていることもあります。
最初から専業主婦の申し込みはできないとしていることもありますので、
銀行系のキャッシングを検討しているのであれば、しっかりと申し込み条件をチェックするようにしましょう。

即日融資可能な優良企業をご紹介!

特に優良なキャッシングサービスご紹介致します。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

 

Web契約なら即日融資が可能!


・来店不要のWeb簡単手続き!
・30日間利息ゼロ!
・50万円以下なら収入証明書書類が原則不要


 

プロミスの詳細はこちら

アイフル

 

当日のキャッシングの事ならアイフル


・早くてシンプルで安心感がある企業
・ネット申込なら24時間受付可能!
・申込みは簡単入力1分で最短30分の審査
・最大で500万円の融資が可能!


アイフルの詳細はこちら

即日キャッシングならこちらがオススメ!

日本優良企業のキャッシング


最低利率の4.5%〜ご融資が可能
最短30分で審査完了の即日融資も可能!

プロミスの詳細はこちら