個人信用情報とは?

MENU

キャッシングを当日借りたい方へ!

プロミスなら最短30分で審査完了!
即日融資で24時間申込可能!

プロミスはこちらから

個人信用情報とは?

キャッシングでは消費者金融でも銀行系のカードローンでも使い方を間違えれば個人信用情報にキズが付いてしまい、将来のキャッシングやローンが受けられなくなる利用制限が発生する事を知っておきましょう。

 

個人信用情報とはキャッシングやカードローンなど履歴をデータ化したものです。

 

どこでキャシングをしてもローンを組んでもショッピングの分割を行っても、それら取引情報はすべてあなたの名前でデータ化されます。もちろん返済履歴も同時に記録されていきます。

 

簡単に言いますとあなた個人の金融プロフィールが作成されるのです。
その内容は大きく分けると4種類です。まず個人を特定するための属性情報です。

 

氏名や性別に生年月日、電話番号や住所に勤務先、勤続年数などが記載されています。
そして契約内容に関する情報として融資やローンなど契約の種類やその詳細の記録がなされます。

 

それから返済に関する情報です。返金日から借入残高、
完済日や延滞の発生まで細かく記録されます。最後に取引事実に関する情報があります。

 

債権整理の有無や強制解約、破産申立に債権譲渡など金融事故の履歴が残ります。

 

これら信用情報をまとめて管理している場所を信用情報機関と言います。
個人の信用情報を扱っているのはCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つです。

 

CICはクレジットカード会社を中心に取り引きを扱っています。
そしてJICCは消費者金融を中心としたキャッシングのデータを中心に扱います。

 

最後に全国銀行個人信用情報センターでは銀行系の金融機関が加盟しています。
それぞれ独立した組織ですので、基本的に個人信用情報が交換をしていません。

 

ですから事故を起こしてCICでブラックになってもJICCでは無傷になっているケースもあります。

 

このキズが付くというのは正確には信用情報に事故情報が登録されることを指します。
いわゆるブラックリストに載る金融事故です。

 

分かりやすく言いますと返済を長期間延滞したり、返済不能になって借金を踏み倒したり、
自己破産などをして返済の免責を受けたケースがこれにあたります。

 

例えばCICでは自己破産をすると10年間は記録が消えずにブラックの状態になります。
任意整理では5年間が一般的です。それでブラックになると新たな融資やローンの審査が通りません。

 

また持っているクレジットカードも利用停止になってしまいます。
要するに過去に事故歴のある人は審査を通さないという事です。

 

もちろん登録期間が過ぎて登録抹消がなされれば個人信用情報も無傷に戻りますので、
それ以降は普通に融資が受けられます。

即日融資可能な優良企業をご紹介!

特に優良なキャッシングサービスご紹介致します。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

 

Web契約なら即日融資が可能!


・来店不要のWeb簡単手続き!
・30日間利息ゼロ!
・50万円以下なら収入証明書書類が原則不要


 

プロミスの詳細はこちら

アイフル

 

当日のキャッシングの事ならアイフル


・早くてシンプルで安心感がある企業
・ネット申込なら24時間受付可能!
・申込みは簡単入力1分で最短30分の審査
・最大で500万円の融資が可能!


アイフルの詳細はこちら

即日キャッシングならこちらがオススメ!

日本優良企業のキャッシング


最低利率の4.5%〜ご融資が可能
最短30分で審査完了の即日融資も可能!

プロミスの詳細はこちら