消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いとは?

MENU

キャッシングを当日借りたい方へ!

プロミスなら最短30分で審査完了!
即日融資で24時間申込可能!

プロミスはこちらから

消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いとは?

消費者金融でもクレジットカードでもキャッシングすることはできますが、大きく違う点があります。

 

ただ、両者とも貸金業に当たりますので、総量規制の適用を受けます。

 

何らかの職業についていて、収入を得ていないと、お金を借りることはできません。

 

専業主婦やアルバイトなどをしていない学生の場合は、銀行のカードローンなどから選択するといいでしょう。

 

まず、クレジットカードのキャッシングについてですが、新規申込時や後から申請して、ショッピング限度額の中にキャッシング額を設けることになります。

 

審査の上で決定されますが、即日での融資は難しい場合があります。また、実際にカードを入手するまで、借り入れできないことがあります。クレジットカード会社の中には、設定した金額に関係なく、収入証明書の提出を求めることがありますので、事前に用意するといいでしょう。

 

サラリーマンなどの給与所得者なら源泉徴収票、自営業者やフリーランスなら確定申告書で構いません。

 

消費者金融の場合は、規定の額以下なら申込時に収入証明書が不要な場合が多く、運転免許証などの身分証明書だけで手続きができます。

 

インターネットや受付機を利用して申しこめ、書類も写真画像で提出でき、審査が迅速なことが特徴です。
カードを受付機で発行したり、カードがなくても振込キャッシングを依頼できたりで、即日融資を受けることも可能です。

 

クレジットカードでは分割してお買い物をする使い方が主になることから、ショッピング限度額の中に、キャッシング枠を設けることになります。それ故に借り入れできる額は消費者金融よりも低くなり、適用金利も若干高めになる場合が多いです。必要最低限借りるならクレジットカード、比較的まとまった額が必要なら消費者金融のがいいでしょう。

 

お金の借り方は、利用限度額の範囲内なら何度でも、双方ともカードを使って直営や提携の銀行やコンビニ等のATMから借り入れができます。専用サイトを設けている所やカードレスで借り入れできる消費者金融のローンの場合なら、自動引き落とししている口座宛に振込キャッシングの手続きをして、入金させることができます。

 

最寄りに提携ATMしかない場合は、手数料がかからないので、振込キャッシングの方が好まれることもあります。

 

口座からの自動引き落としやATMから入金手続きをして支払いますが、返済の仕方が大きく違い、クレジットカードでは締め日の翌月の一括払いでの返済が基本となります。

 

国際ブランドが付いているものは、海外でキャッシングができるため、チップなどの少しの現地通貨を調達するのに便利ですが、ATMの利用手数料や金利が多くかかるために、規定の日よりも早めに返した方がお得になることもあります。

 

支払いが難しい場合には、専用メニューやコールセンターで手続きをしてショッピングと同様にリボ払いできることもあります。

 

消費者金融の場合は、分割で返済することが基本となります。
基準となる日の残高により、返済額が決まり、返済計画が立てやすいようにリボ払いが採用されていることがほとんどです。

 

返済できる場合にはATMから一括払いをしたり、随時返済をして早めに支払うことも可能です。借入期間を短縮できますので、借入の利息を少なくすることができます。

即日融資可能な優良企業をご紹介!

特に優良なキャッシングサービスご紹介致します。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

 

Web契約なら即日融資が可能!


・来店不要のWeb簡単手続き!
・30日間利息ゼロ!
・50万円以下なら収入証明書書類が原則不要


 

プロミスの詳細はこちら

アイフル

 

当日のキャッシングの事ならアイフル


・早くてシンプルで安心感がある企業
・ネット申込なら24時間受付可能!
・申込みは簡単入力1分で最短30分の審査
・最大で500万円の融資が可能!


アイフルの詳細はこちら

即日キャッシングならこちらがオススメ!

日本優良企業のキャッシング


最低利率の4.5%〜ご融資が可能
最短30分で審査完了の即日融資も可能!

プロミスの詳細はこちら